• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07
03
(Thu)

だいすきな世界。 

映画2作目の公開までには読まなければと思っていたトラベリング・パンツ最終巻をようやく買いました。早く読みたーい。この間テレビつけたらたまたまBS2で映画がやっていて、オープニングをちらっと見ただけで切なくなった。大好きな作品だけど今はあまり見たくない。映画でもテレビでも音楽でも何でも、そういう時って、ある。

熊木杏里さんのブログを見てると服が欲しくなる!私服がすっごく私好みなものばかりでかわいらしく。ご本人ももちろんかわいらしく。あこがれ。詞の世界も含め、熊木さんのセンスやっぱ好きだな~。文章も読んでてホッとする感じ。エッセイ本とか書いてほしい。


トラベリング・パンツジーンズ・フォーエバートラベリング・パンツジーンズ・フォーエバー
(2007/04)
アン・ブラッシェアーズ

商品詳細を見る

春隣春隣
(2008/05/21)
熊木杏里

商品詳細を見る
2008.02
01
(Fri)

はいりさんのエッセイ。 

いいともテレフォンゲストの片桐はいりさん(大好き!)の話がすごく面白かったので、タモさんにプレゼントしていたエッセイ本を検索して早速購入。もう1冊の本もついでに。グアテマラに住む弟さんを訪ねた「グアテマラの弟」と、映画・かもめ食堂の撮影でフィンランド滞在した時の事を書いた「わたしのマトカ」。本を買うのは久々…最近は買ってもどうせ読まないし、と思ってばかりで。でもこれは絶対に面白そう。すぐ読めそう。届くのが楽しみです。
「かもめ食堂」のDVDも欲しいな~。この映画は何度観ても飽きない。

グアテマラの弟グアテマラの弟
(2007/06)
片桐 はいり

商品詳細を見る
わたしのマトカわたしのマトカ
(2006/03)
片桐 はいり

商品詳細を見る

2冊とも、装丁もすごくかわいい。部屋に並べて飾っておきたい感じ。
2008.01
19
(Sat)

大人買い。 

ハチクロコミックスを大人買いしました。新年の誓いのひとつとしてスマコン貯金するぞーと思ったのもつかの間…早くもムダ遣い。 ↓このボックス入りもかなり魅力的でしたが、せめてもの節約にと中古に。漫画の全巻買いというやつは初めての経験です。それくらい、ドラマでこの作品に惚れ込んでしまいました。

ハチミツとクローバー 10巻セットハチミツとクローバー 10巻セット
羽海野 チカ

集英社 2007-05-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007.09
16
(Sun)

りぼんっ子でした。 

なんとなーく覗いたイーブックオフで「3点で送料無料キャンペーン」ってのをやっていたので、コミックス6冊を3・3に分けて注文したりました。(セコッ)

最近なんだか漫画にハマっていて、とにかく買いたくて読みたくてたまらないのです。先週ちょっと体調悪かった時にベッドでゴロゴロしつつ昔集めたりぼんコミックスを読んでいたら、久々に少女漫画の面白さに目覚めてしまいまして。(今はもう漫画自体ほとんど読まないけど…6年くらい前まではりぼんっ子だった。)コミックスってちっちゃくて軽いから仰向けに寝転がりながらでも読めるし(笑)、体調悪くて字とかあんまり見たくないときも漫画なら気軽に楽しめて最高。本ってすごく場所とるし、それほど繰り返し読んだりもしないんで本当に必要なものだけ買おうーって思うんだけど、最近はもう欲しくなると我慢できなくて。でも新品で6冊も7冊も買うと結構な値段になる…そんなわけでブックオフの中古コミックスだ!と。
今回は大好きな高須賀由枝先生3冊(集めかけだったグッドモーニング・コール+知らぬ間に出てた続編!)と、おおいま奏都先生の読みきり系を3冊。買ってみました。もちろんお店が近くにあったら直接行くんだけど、遠いんでね…田舎暮らしにはネットってほんとーにありがたい。

りぼんの投稿時代から大好きで応援してたミキマキ先生も9月・10月とコミックス出されると知って楽しみにしてるところ。こちらは新品で予約購入します。それぐらい大好きな作家さんです。
...read more
2006.05
18
(Thu)

ひさしぶりの読書 

陰日向に咲くここ数年活字離れがひどい。どんなに読みたい!と思って本を買っても(雑誌さえも)読みかけのまま部屋の隅に積み上げてしまう。なので無駄遣いをしないようにと本屋に行かないようにしてたんだけど、これはどうしても読んでみたいと思ったのでこの間購入しました。劇団ひとりの「陰日向に咲く」。
手にした日に早速開いてみたところ、なんと数時間で読み終えてしまいました。何年振りだろこんな事。とにかく面白いし読みやすいしで、止まらなくなって。個人的に泣けるポイントは2つ。P34とP162。って言っても読んだ人にしか分からないけど。でもこの本は絶対に何も知らずに読むのがいいと思います。

ネタバレ → 5つの話それぞれに出てくるキャラクターには少しずつ繋がりがあって、映画で言うと「マグノリア」や「ハピネス」「ラブ・アクチュアリー」のような感じ。映画化すればかなり面白いものが出来そうです。その時にはアイドルオタクと売れない芸人の役は、著者本人に演じて欲しい。 ←

今度は祖母の持ってる「東京タワー」を借りて読んでみようかなと思ってます。大泉洋氏主演のドラマが放送される7月末までには…。(弱気)
«  | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。