• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
24
(Sat)

オスカー勝手に予想 2007 

babel_poster.jpg lettersfromiwojima_poster.jpg littlemisssunshine_poster.jpg

がぁーっ。気付いたらもう2日前。ギリギリ。
というわけで遅くなりましたが毎年恒例オスカー予想。(去年のはこんな感じ)いつもはノミネート発表が出た後でじっくり予想を始めるけど、今年は他の賞の結果をチェックしつつ1人こっそりと「ノミニー予想」から始めてました。別に真剣に当てようとか思ってないんだけど…なんとなく。というか普通にヒマだっただけか。

グラミーに続きWOWOWさんがメインパーソナリティ(というかゲスト。真ん中に座ってるけど進行は完全にカビラさん。)に木村拓哉氏を迎えているのが、また楽しみのひとつです。というのも、グラミーの時の3人の絶妙な組み合わせがすごく良かったから。カビラ氏がしっかり進行しつつ小林麻央ちゃん×木村氏のボケツッコミも面白い。生放送とは思えないほどきっちり完成した番組でした。もう毎年この3人でやってくれてもいいと思う。
さてさて本題の受賞予想です。
アイコンは が本命、 が個人的希望。

作品賞

 「バベル」
 「ディパーテッド」
「硫黄島からの手紙」
「リトル・ミス・サンシャイン」
 「クィーン」

★最初は「バベル」だろうと思ってたんだけど、なんか見た人の話聞くとそれほど大した作品でもないような…。「硫黄島」は日本人としてもちろん応援します!(監督賞も!)
でもこの中で一番あげたいのは「リトル・ミス・サンシャイン」。いや、まだ作品見てないんですけどね、それでもあの家族が大好きなのです。今のデスクトップもあの黄色い壁紙。近年はオスカーといえば社会派作品が多いので、この映画みたいなあったかい家族を描いた作品が受賞したら嬉しいなと思います。

監督賞

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 「バベル」
 マーティン・スコセッシ 「ディパーテッド」
クリント・イーストウッド 「硫黄島からの手紙」
 スティーヴン・フリアーズ 「クィーン」
ポール・グリーングラス 「ユナイテッド93」

★ついこの間「ミリオンダラー・ベイビー」を見ました。うちのおじいちゃんより1つ年上の人が、映画監督をやりながらサラリと主演もこなしてしまう。そのパワーとオーラに圧倒され、この人の映画をもっともっと見なきゃと思いました。古い作品も見たいし、新作もまだまだ見せて欲しい。授賞式にはいつものように可愛らしいお母様も来るのかなぁ。楽しみ。
ポール・グリーングラス監督は単純に好きなんで。(「ボーン・スプレマシー」で惚れた。) そして私はスコセッシ作品が大の苦手…「ギャング・オブ・ニューヨーク」も「アビエイター」も長すぎて飽きちゃって途中挫折しました。今回は受賞かも、とは思うけど…リメイクでもらうってのは悲しいような。

主演男優賞

 レオナルド・ディカプリオ 「ブラッド・ダイヤモンド」
 ライアン・ゴズリング 「ハーフ・ネルソン(原題)」
 ピーター・オトゥール 「ヴィーナス(原題)」
 ウィル・スミス 「幸せのちから」
フォレスト・ウィテカー 「ラストキング・オブ・スコットランド」

★昨年のフィリップ・シーモア・ホフマンに続き、"愛すべき脇役俳優"が主役に躍り出たことが嬉しくて嬉しくて。私の中ではフォレスト・ウィテカーといえば「微笑みをもう一度」の監督。サンドラ・ブロック主演のこの映画、ほんっとに大好きなんです。この人は将来監督賞でも候補にあがるようになると思います。(ケイティ・ホームズの「ホワイト・プリンセス」なんかも監督してて、幅広い!)
にしてもライアン・ゴズリングのノミニーにはびっくり。レイチェルとの「きみ読む」カップルでレッドカーペット歩いてくれるんでしょうか。考えただけでわくわく。

主演女優賞

 ペネロペ・クルス 「ボルベール<帰郷>」
 ジュディ・デンチ 「あるスキャンダルの覚え書き」
ヘレン・ミレン 「クィーン」
 メリル・ストリープ 「プラダを着た悪魔」
ケイト・ウィンスレット 「リトル・チルドレン(原題)」

★もう、陛下しかありえない!んだけどケイト好きなのでハート付けときます。ペネロペ・クルスもね、前あんなに嫌いだったのに最近好きで。どんなドレス着るのかすごく楽しみ。そういえばあのノミニー発表の時のサルマ・ハエックのYES!にはウケた。(この人も大好き!)

助演男優賞

アラン・アーキン 「リトル・ミス・サンシャイン」
 ジャッキー・アール・ヘイリー「リトル・チルドレン(原題)」
 ジャイモン・ハンスウ 「ブラッド・ダイヤモンド」
エディ・マーフィ 「ドリームガールズ」
 マーク・ウォールバーグ 「ディパーテッド」

★ここも絶対エディ・マーフィなんだけど、ハートはじいちゃんで。ちなみに私エディ・マーフィの映画では「星の王子ニューヨークへ行く」が一番好きです(笑)。小さい頃に金曜ロードショーとかで何度も何度も見た作品。子供の頃に見たものって、やっぱ印象深いもので。私の中では永遠にエディ=星の王子。

助演女優賞

 アドリアナ・バラッザ 「バベル」
 ケイト・ブランシェット 「あるスキャンダルの覚え書き」
アビゲイル・ブレスリン 「リトル・ミス・サンシャイン」
ジェニファー・ハドソン 「ドリームガールズ」
 菊地 凛子 「バベル」

★まさにDreamgirl!なジェニファー・ハドソン。オスカーではパフォーマンスも見れるので楽しみです。歌曲賞も3曲ノミネートとドリームガールズ強し。受賞はビヨンセのListenかな~。
アビゲイル・ブレスリンちゃんは可愛いだけじゃなく本当にしっかりしてて、第2のダコタんって感じ。個性的なファッションにも要注目です。


他の部門は特に予想してないんだけど、とりあえず長編アニメは「カーズ」です。間違いない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alittlemurder.blog32.fc2.com/tb.php/99-6b20633a

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。