• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11
05
(Mon)
(※とりあえず写真だけアップ。中身は後日追記します。)
↑と書いてからまたかなりの時間が経ってしまいました、すいません…。後半は観劇前後の一人旅の様子をお届け。特に面白くもなく、しかもダラダラと長い旅日記ですが良かったらヒマつぶしにでもどうぞ。

DSCN6444.jpg
グッズとチケット半券。手に入れたのはパンフレット、クリアファイルセット、顕ちゃんの本(ヌード写真集ではなく中身はいたって普通のエッセイですよ。笑)、ふろしきバッグ、真ん中にあるのが運試しに1回だけやったガチャガチャ。FOURでした。あぶらとり紙も2つ買ったけどお土産用だったのでもう手元にありません。グッズ買ったら普通~に手渡されてびっくり。袋ないのか!!って。大切なグッズを落としては大変なので、公演後にふろしきバッグを購入しました。これ、デザインと柄は好きだけどもう少し丈夫な素材だったら嬉しいかな。ビニールコーティングしてあればいいのにーと思います。濡れたら色が落ちそう…。
サントラはね…グッズ売り場で「それと、サントラも」って言葉がのどまで出かかってたんだけど我慢したんですよ。でもやっぱり欲しくて、結局あとからキューさんで買ってしまいました。送料800円取られた事も忘れるくらい素晴らしい出来栄え。EOCHUの琢ちゃんヴォーカルは天才的!校歌スペシャルも最高です。
DSCN6450a.jpg
クリアファイル。写真が上手く撮れなかったんだけど、こうやってベッドの枕元のとこに飾ってます。(ちなみにカーテンコールで舞台に立ってた並びで。)下にちょうど電気スタンドがあるので、夜それを点けるとライトアップしたみたいになってきれい。5人で写ったのはパソコン正面に飾ってます。
初めて1人で大阪行きました。直前まで体調が悪かった事もあり不安でいっぱいだったけど、ひさしぶりの大阪、初観劇、初生ナックス、本当に楽しかったです!

行きは高速バスで12時半ごろ梅田に到着。昼食は済ませてたので劇場へ直行。梅田駅→劇場の入ってる「ちゃやまちアプローズ」はすごく近いし、道も通り沿いにまっすぐ行くだけですごく分かりやすかったです。1つのビルの中にホテルやレストラン街が入っていて、その1階にメインホール、地下にナックスが公演した小ホール「シアター・ドラマシティ」があります。エスカレーターで地下へ下りるとすでに会場入りを待つ列が。平日の昼間だったので年齢層は私より上の30代くらいの方が多い感じでした。カップルも結構見かけた気がします。
列の最後尾に並んでいると、いきなり後ろから品の良いお姉さま2人組に声をかけられる。ビクビクしながら振り向いたら「これはエリザベートの列ですか?」と。ナックスと同時期にメインホールで上演していた『エリザベート』の観劇に来た方だったんだけど、とっさの事で上手く説明出来なかった私(←軽く対人恐怖症なひと)はとりあえず「いやっ、あのぉー…これはチームナックスのぉ…」と答える。おねえさん、眉間にしわを寄せ「なっくす?何、それ?」といった表情(笑)。「エリザベートでは、ないんですね?」と念を押され「はっ、はい。違います…」と言うのが精一杯でした。上のメインホールですよってきちんと説明してあげれなかった自分にちょっとヘコみました。

間もなく会場のドアが開き、サントラが心地良く流れるロビーへ。グッズ販売の列に並びつつたくさんの提灯やお花を見る。ナックス提灯やロビーの雰囲気を撮っときたかったんだけど、ここで母に借りてったケータイのカメラ機能が故障している事が判明!残念。
話し相手もいなくてたいくつな私は並んでる間とにかく周りをきょろきょろ見ていました。するとHONORハッピを着た背の高ーい男性スタッフの後ろ姿に見覚えが…「あれはもしや!村部(さん)?」どう考えても数日前にCSのドラバラで見たばかりの彼、そのもの。顔見てもやっぱそっくり。でもその時はまだ村部さんがキューに転職した事を知らなかった(マネージャーむらびん=村部さんだと後日ネットで知った…)ので、アズビィの人がこんなとこにいるわけないしょーただ似てる人だよねーなんて思いながらじろじろ見てた(笑)。お客さんの列を整理しながら顔はかなりのお疲れ顔…そしてとにかく背が高くって目立ってたむらびんでした。

グッズ買ってガチャガチャした後、置いてきた子供たち(ねこ2匹)の様子が心配だったので家に電話してたらその間に劇場のドアが開きました。13:30開場だったけど、早めに開けてくれたのでその時間にはもう席に座ってた。紫色のHONOR幕を写真に撮りたい!と思いつつ、劇場内は撮影禁止なので我慢。(その前にカメラありませんから…) それでもやっぱり撮ってる人はたくさんいて、注意して回るスタッフさん忙しそうだった…。開演まで約30分。ネタバレ避けたいのでパンフは開かずに、席に置かれてたチラシ類を読む。ナックス関連の他にも演劇情報誌とか色々入ってて面白かったです。私は全部持ち帰ったけど、隣の隣の席のおじさんは要るもの・要らないものを分別したらしく顕ちゃんの「歌翼」のチラシを座席の上に置いて帰ってて、悲しーくなりました…。もらおうかと思ったけど人目が気になってやめた。あれはやっぱゴミ箱行きだろうな。勿体ない…。
私の席の左隣は30代後半くらいのすらりと背の高い女性。となり空席だなーと思ってたら、開演直前に入ってこられました。ナックスファンというより演劇好きの方かなという感じ。右隣は20代後半くらいのお姉さん2人組。1人は地元のナックスファン、もう1人は地方から初めて観劇に来たお友達のようでした。その地元のお姉さんが「昨日は○列目でねっ、今夜は○列目のあの席なんだ~」と楽しそうに話していて正直イラッ(笑)。いやーでも本当にうらやましい!そんなに何度も、毎日毎日会いに来れるなんて!私も次回はせめて昼・夜2公演くらいは観たいものだなぁと思いました。あとこの方は内容についても結構しゃべって下さって…連れの方も「ネタバレしないでよー」って言ってたけど私も同じ気持ちでした。

公演終了後。席に座ったまま夢中でアンケートを書いていたらスタッフさんに出てもらえますか~って言われてしまった。ロビーに出てみると、壁際に座り込んでアンケートを書く人がずらーり。私もその端っこに座らせてもらい続きを書く。もちろん裏面にもぎっしり、書けるだけ書きました。どこの場面が好きだったーとか誰のこのキャラが良かったーとか、それから次の公演また大阪来てね!と。とんでもなく汚い字だったけどナックスさん読んでくれたかなぁ。家に帰ってから書いて郵送、というのも考えたけどその時に感じた事だったり興奮を忘れない内にそのまま伝えたかったので、その場で書きました。そして「いつも元気くれてありがとう」って気持ちを家で書いてきた手紙を、一緒にスタッフさんに預けました。
その後再びグッズ売り場へ。ここで買うつもりのなかった「ふろしきバッグ」をゲットしまして。(次回はエコバッグ持って行こう…) あとクリアファイルセットもあまりのかっこよさに負けて買ってしまった。これで予定金額\3,000オーバー。 でもクリアファイルはやっぱり買ってよかった。どうせパンフに使われてる写真と一緒だろうと思ってたけど、あれ、上手い事別の写真になってるし。商売上手ですね…。顕ちゃんの写真がすっごくカッコよくて気に入ってます。そそ、帰る時にはヤスケン本売り切れてたよ!先に買ってといて良かった!

帰りの新幹線まではかなり時間があったので梅田の地下街をブラブラ。その後、大阪→新大阪へ。この時がかなりキツかった…なにがって、帰宅ラッシュの駅構内を歩いたことと満員電車に乗ったこと。電車のドアが閉まった瞬間、息が出来なくなっちゃって。軽いパニック発作。必死で運転席際の位置をキープし、外を向いてジッとしてました。ほんの4~5分の間なのにすごく長く感じたなぁ…。とにかく人ごみが苦手なんで、こういう時やっぱり都会には住めないなと思う。楽しい事や物がたくさんあっていいなーとは思うけどね…。

新大阪に着いて、喫茶店で軽くごはん食べて薬飲んでようやくホッと一息。(あぁ、でもこの時またヤな出来事が。両隣の席でサラリーマンがビール飲みながらタバコ吸いだした!タバコ嫌いな私にはかなりキツくて…逃げるように店を出ました。) そのあとはお土産物を買ったらすっかり荷物が重くなっちゃったので、新幹線来るまで駅の待合室でぼーっと休んでました。この時にHONORパンフを読んだんだけど、洋ちゃんの文章がすっごく良くてね。お兄ちゃんの話のとこ。ジーンときちゃって思わず涙が!正面に座ってたおばさんにジロジロ見られた(笑)。
新幹線で岡山まで帰って、そっから特急やくも(超ローカル・笑)で帰宅。電車の中ではずーっとiPodで"皇帝"をリピートしながらうとうとしてました。COMPOSERのオープニングのあの曲。聞いてるとすごく落ち着く。あぁそうだ、やくもの中で泣いたんだよ、また…。顕ちゃんの激ヤセっぷりを思い返して(笑)。そんな号泣とかじゃないですけどねぇ。1日歩き回ったり、苦手な人ごみに入って疲れたのもあると思うけどなんか感情的になってたようで。自分でもびっくりした。

駅に迎えに来てくれた母と帰宅中「どんな芝居を観てきたのか」という話になり、わかりやすく説明しようと思って「釣りバカの最新作に出てたもじゃもじゃの人(笑)、あの人がいる劇団」と言ったら「あの人が出たの?!」と。母はハケンも見てたのでナックスは知らなくとも洋ちゃん顕ちゃんの事は覚えてくれてたみたいで。
父には「大学の頃から5人で演劇やっててねぇ」って話したところ、「5人で?!」と特大のリアクション。たった5人で舞台をやるって事にかなり驚いたようでした。

観劇初心者の私は「生ナックスを見に行くぞー」ってライヴに行くような感覚で出掛けたんだけど、いざ観劇してみるとストーリーや5人の演技にぐいぐい引き込まれて「本物の芝居を観てる」っていう感動と興奮、終わった後の余韻がすごかったです。また次のナックスの公演だけでなく、メンバーが出るお芝居があれば観に行きたいなと思います。大阪ぐらいなら日帰りで気軽に出掛けられるのでね。

家に着いて靴を脱いでみたら足にマメができてた。普段あんまり歩かないから…というか都会のコンクリは足に悪いな。(コンクリのせいかい。)

以上。長々と失礼しましたっ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alittlemurder.blog32.fc2.com/tb.php/159-52dce8e7

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。